LCCを利用する際に気を付けること

機内持込み荷物の大きさ・重さ・個数をチェック

LCCには機内持ち込み荷物の「大きさ」「重さ」「個数」に細かいきまりがあります。各社一律ではなく、会社ごとに異なります。
元の運賃がお求めやすい分、フルサービスの航空会社よりもチェックが厳密です。少しでもオーバーをすると機内への持ち込みは不可。この場合は追加代金を払って預けることになります。
追加代金は航空会社によって異なりますが、数千円単位。
機内持ち込みの範囲に収まらないとわかっている場合は、予約時に預入荷物アリを選択し、あらかじめ追加代金を支払うのをおすすめします。当日超過料金よりもだいぶ割安になります。
お得なLCC旅に思わぬ出費が起こらないよう、申込をした航空会社のホームページで事前確認を忘れずにしてくださいね。

チェックイン時刻は絶対に守ること

LCCでは格安運賃を提供するために、少ないスタッフで運営をしています。
そのためチェックインカウンターが空く時間が決まっていて、それ以外の時間は無人であることがほとんど。時間より早くても遅くてもチェックインはできません。
早く着いたときは待てばよいですが、遅れた場合は無条件でキャンセル扱いとなる航空会社がほとんどです。予約した人が来なくても時間になればカウンターはクローズします。
チェックイン可能時間は便により決まっているため、事前に自分が乗る便の受付時間を調べておきます。早く着いたからといって前の便の人と一緒に受付をしてもらうことはできないので注意してください。
ギリギリに空港に行ったら既にチェックインが終わっていた…なんてことにならないよう、空港には余裕を持って到着してくださいね。